HOME>注目記事>苦手科目の克服が学力アップに繋がることに

講師と生徒との相性が大事

男女

尼崎市内にある学習塾では、大勢の生徒を教える授業方法から個別指導を重視する所が多くなって来ました。講師人一人に対し生徒が二人と三人で学ぶことになり、中味の濃い授業が可能となっていることで人気となっています。個別指導の良い所として、生徒が苦手とする科目を得意な科目にすることで、大幅に学力が向上するケースも多くなっていることがあります。そんな個別指導塾を決める時には、生徒と講師の相性が良いことが求められます。いくら評判の良い講師であっても、習うことになる生徒との相性が悪くては、成績アップが難しいことになってしまいます。そのためには、指導を体験出来る塾選びが最良の方法となります。

学ぶ環境はどうなのか

男女

尼崎市内のある個別指導塾は、室内をいくつかの壁で仕切ったブース型が多くみられます。出来るだけ周囲から隔離することで、生徒が学習に集中出来るように考えられています。ですが中には、仕切りのない塾も出て来ていることから、塾を決める前には教室の環境も知っておきましょう。また仕切りがあったとしても、窮屈な環境であるとか周囲の音が気になるようであれば、逆に集中力を欠くことにもなりかねませんので注意が必要です。

通塾に不便さはないか

女性たち

評判の良い個別指導塾に自分の子供も通わせたいと考える親御さんも多いと思われます。ですが塾を決める前に一度考えて欲しいのが、授業料です。尼崎市内で地域は企業によって授業料に大きな違いも出て来ています。少なくとも数か所の授業料を調べ、子供を通わせたい塾との比較をしてみることも必要です。また通いやすい場所にあるのかと言うことも大きさ要素で、通塾にあまり時間がかかることになっては、子供への負担が大きくなってしまいます。

広告募集中